2021年12月に話題になったニュースを振り返る(月間ダイジェスト版)

     
  • 公開日:2022.1.1
  •          
  • 更新日:2022.1.6
2021年12月に話題になったニュースを振り返る(月間ダイジェスト版)

2021年12月に話題になったニュースをピックアップ。

年末、オミクロン株、マクドナルドのポテト不足などなど、いろいろあった12月の話題を【社会全般】【政治】国内【国際】芸能/エンタメ】の5つのカテゴリーに分けて振り返ります。

2021年12月に話題になったニュースを振り返る

2021年12月の社会全般ニュース

コロナ変異株(オミクロン株)がじわり拡大、感染者数も増加傾向に

南アフリカ発のコロナ変異株ことオミクロン株をWHOが「懸念される変異株」に指定。東京や大阪など都市部ではオミクロン株による市中感染が確認され、1日あたりの感染者数は全国100人台から500人台まで増加。コロナ再拡大の兆しを見せつつある。

大阪ビル火災で25人死亡、放火したとみられる60代男性は死亡

火災現場となった雑居ビル4階の医療クリニックにピンポイントに放火され、現場にいた28人中25人が亡くなった。

2021年総まとめ、今年の流行語に「リアル二刀流」

ユーキャン新語流行語の年間大賞 大谷翔平「リアル二刀流」
今年の漢字(漢字能力検定協会) 金(東京五輪の金メダルから)
Google検索ランキング年間1位 大谷翔平
Yahoo!検索大賞2021(大賞) 大谷翔平
ビルボート音楽チャート2021(Hot100) 優里「ドライフラワー」
映画興行ランキング年間1位 シン・エヴァンゲリオン(103億)
年間ベストセラー(日販) 人は話し方が9割

 

2021年12月の政治ニュース

岸田首相が所信表明演説、コロナ対策ほか「新しい資本主義」掲げる

出典:首相官邸ホームページCC BY 4.0, via Wikimedia Commons

政権キャッチフレーズである「新しい資本主義」に言及。経済成長が経済格差を広げている今日の資本主義を修正し、経済成長を格差是正につなげたい考え。経済成長策として、イノベーション推進、DX推進、クリーンエネルギー戦略など掲げた。

「こども家庭庁」を2023年にも創設へ、政府

こどもの教育や虐待防止など総理大臣直属の機関として一元的に対応する。教職者の採用に際して、過去の性犯罪歴をチェックできる公の制度(日本版DBS)の創設も検討。

1人10万円の「こども給付」の実施決定、給付方法めぐり二転三転

臨時国会で過去最大となる35兆円の補正予算が成立。18歳以下のこどもへの一律10万円給付も正式に実施が決まった。給付方法については現金5万円、クーポン5万円と2回に分けて給付したい考えだが、手続きの煩雑化から自治体レベルで現金一括給付する動きも。

与野党議員のコロナ助成金の不適切受給が相次ぎ発覚

自民党の石原伸晃内閣官房参与が職責を辞職。自身が代表を務める団体がコロナ助成金を不適切受給していた。そのほか、自民党の山本左近議員、立憲民主党の阿部知子議員、岡本章子議員らも不適切受給が発覚。

遠山清彦元議員を在宅起訴、無登録で融資を仲介した疑い

コロナ支援のための日本政策金融公庫の特別融資を仲介。公庫側に口利きする形で企業を紹介、融資を受けた企業から謝礼を受け取っていたとみられる。遠山議員は罪状を認めており、在宅起訴を受けてお詫びコメントを出した。

そのほかチェックおきたい12月の政治ニュース

  • 東京都として「同性パートナーシップ制度」の導入意向、小池都知事
  • 森友学園の公文書改ざん自殺訴訟が早々の終結、国が自殺の責任を認める、関係者の証言は行われず
  • 国交省の統計データの不適切集計が発覚、2013年〜20年までのGDP値にも影響出る可能性

 

2021年12月の国内ニュース

【芋不足】マクドナルドがフライドポテトのM/Lサイズを一時販売休止

12月24日から年末までSサイズのみの提供に。コロナによる世界的なコンテナ不足(物流混乱)を受け、日本マクドナルドが海外から調達しているフライドポテトの原料(じゃがいも)の輸入に遅れが生じた。

愛子さまが成年皇族に

12月1日に20歳の誕生日を迎えた。成年に伴う祝賀行事では天皇陛下の妹、黒田清子さんから借りたティアラを着用した。

日本国内で初となる「中絶薬」(経口中絶薬)の承認申請、早ければ1年以内にも承認

英製薬会社「ラインファーマ」が厚労省に承認申請。すでに80の国で承認され、WHOも安全性を担保していることから日本国内でも承認される可能性は高いとみられる。他方、日本産婦人科医会は中絶の簡素化による中絶意識の低下などに懸念示した。

厚労省がコロナ飲み薬「モルヌピラビル」を承認、一般の医療機関で処方可能に

モルヌピラビルは米製薬大手「メルク」が開発したコロナ飲み薬。18歳以上のコロナ感染者に処方すると重症化リスクを30%ほど軽減できる。ただ、薬の効果については疑問視する声もあり、承認は世界30カ国に留まる。

ワクチン接種証明アプリの提供開始

iPhone、Androidスマホアプリ上でワクチンの接種証明履歴が表示できる。アプリ連携するにはマイナンバーカードが必要。イベント参加などで接種証明の提示が必要な場合、アプリで接種証明を提示することで通常の紙の接種証明と同等の効力が得られる。

そのほかチェックしておきたい12月の国内ニュース

  • 拉致被害者家族会の前代表、飯塚繁雄さん死去
  • 電動キックボードの無免許利用を部分的に解禁する方向、来年度の道交法改正に伴い

 

2021年12月の国際ニュース

北京五輪の外交ボイコット、米英に続き日本も選手代表団の派遣取りやめ

ウイグル自治区での人権侵害(強制労働疑惑)を理由にアメリカがボイコット表明。日本もそれとなく同調した。岸田首相は、「総合的に勘定した結果」と外交ボイコットは否定した。北京五輪は来年2月に開催される。

アメリカでウイグル自治区からの輸入を原則禁止する法律成立

バイデン大統領が署名、来年6月より発効される。ウイグル自治区から米国内への輸入を原則禁止。輸入するためにはウイグル自治区での強制労働に加担、関与してない輸入品と明確に証明する必要があり、事実上の禁輸措置に。

中国で女子テニス選手が行方不明に、所在や安全めぐり米中舌戦

女子ダブルス元世界ランク1位の彭帥ほうすい選手がSNSで共産党幹部との性的関係を告白。SNS投稿が削除され、一時行方不明に。中国の国営メディアなど彭帥選手の安全を報道するも懸念止まず。女子テニス協会は中国での当面の大会中止を発表した。

ドイツ新首相にオラフ・ショルツ氏、16年間首相を務めたメルケル氏は政界引退

出典:Michael Lucan, CC BY-SA 3.0 DE, via Wikimedia Commons

ショルツ氏は中道左派の社会民主党所属。気候変動対策や格差是正を訴え。2005年から16年間、首相を務めたメルケル氏は政界引退した。

欧州でコロナ感染が再拡大、イギリス、フランスでは1日10万人を超える感染者

コロナ変異株「オミクロン株」により感染再拡大。イギリス、フランスでは過去最多となる1日10万人の新規感染者が出た。ただ、死者数は以前と変わらず1日100人〜200人台で推移しており、政府は行動規制などの強い対策取らず。

そのほかチェックしておきたい12月の国際ニュース

  • パク・クネ前韓国大統領を恩赦、収賄などの罪で懲役22年の服役中
  • 香港の議会選挙で民主派議員が全員落選、中国政府による支配構図明確に
  • フィリピンで大型台風、死者400人超え
  • ソニー子会社社員による不正送金事件、FBIが換金された170億円分のビットコインを押収

 

2021年12月の芸能/エンタメニュース

ZOZO創業者の前澤友作氏が宇宙旅行

日本人の民間人で初となる国際宇宙ステーション滞在。旅行費用は100億円ほどとみられる。自身のYouTubeチャンネルにて国際宇宙ステーションからの動画投稿を行う史上初の試みで注目を集めた。

アニメ映画「呪術廻戦0」、公開3日で興行27億円を超えるロケットスタート

公開3日の興行収入では、昨年大ヒットした「鬼滅の刃 無限列車編」(46億円)に続き歴代2位。興行100億円超えも手堅いとみられる。呪術廻戦は少年ジャンプ連載の人気作。昨年10月〜今年3月までTVアニメ化され、コミックスは累計発行部数6000万部を突破。

人気VTuberのキズナアイが無期限の活動休止

休止理由として「成長を目標としたアップデートのため」と説明。各種SNSアカウントは継続、今後の活動もにおわす。キズナアイは2016年に活動開始。VTuberことバーチャルYouTuberの先駆者として業界を牽引してきた。

歌手で俳優の神田沙也加さん死去

享年35歳。滞在先の札幌市のホテルで転落しているのが発見された。神田沙也加さんは俳優の神田正輝さんと歌手の松田聖子さんの娘。映画「アナと雪の女王」の日本語吹き替え版では主人公・アナの声を演じた。

日本映画「ドライブ・マイ・カー」、海外映画賞で快挙続く

村上春樹原作、西島秀俊主演、妻を失った男の再生を描くロードムービー。カンヌ国際映画祭で日本映画初の脚本賞、アカデミー賞の前哨戦となるニューヨーク映画批評家賞では作品賞を受賞した。アカデミー賞の国際長編映画賞のノミネート15作にも選ばれた。

そのほかチェックしておきたい12月の芸能/エンタメニュース

  • 北京五輪フィギュアスケート、日本代表に羽生結弦、宇野昌磨ら内定
  • 元SMAPの香取慎吾が結婚発表
  • 2年ぶりコミケ(コミックマーケット)開幕、2日で11万人集客

 

2021年12月のデイリーニュースはこちらから

2021年のニュースを振り返る

関連記事