2020年11月に話題になったニュースを振り返る(月間ダイジェスト)

     
  • 公開日:2020.12.1
  •          
  • 更新日:2021.1.5
2020年11月に話題になったニュースを振り返る(月間ダイジェスト)

2020年11月に話題になったニュースまとめ。国内ニュース、海外ニュース、芸能/エンタメニュースに分けて1ヶ月を振り返ります。

2020年11月に話題になった社会全般ニュース

コロナ第三波の到来に現実味
過去最多となる連日2000人前後の新規感染者が確認され、忘れかけていたコロナ社会が再来。東京、大阪、兵庫、北海道などでは医療機関の病床利用率も悪化。医療崩壊を防ぐため再度の緊急事態宣言の発令が検討される瀬戸際に。
「Go To トラベル」の見直し進む
コロナ再流行を受け、政府が一時的に「Go To トラベル」を停止する方針を示した。一方で経済活動との両立を考慮し、全面的な停止ではなく、感染拡大地域に限った部分停止になる見込み。
米大統領選、次期大統領にバイデン氏が内定
4年に1度の米大統領選挙が実施され、バイデン氏の大統領選出がほぼ確実となった。副大統領には女性初、黒人初のカマラ・ハリス氏が内定。一方のトランプ米大統領は敗北宣言など出さず、不正選挙を根拠に法廷闘争に持ち込む構え。

 

2020年11月に話題になった政治ニュース

【出典元】首相官邸ホームページ, CC BY 4.0, via Wikimedia Commons
「桜を見る会」疑惑再燃
東京地検特捜部が安倍前首相の公設秘書を任意聴取。「桜を見る会」前夜祭(懇談会)のホテル費用を安倍前首相側が負担したにもかかわらず、政治収支報告書に使途を記載しなかった疑い。これまで”疑惑”止まりだったが、東京地検特捜部による任意聴取で風向き変わる。
「大阪都構想」問う住民投票、再び否決
5年ぶり2度目の否決。賛成67万票、反対69万票と拮抗した。大阪維新の会が一丁目一番地と位置づける目玉政策が2度に渡り否決されたことを受け、大阪維新の会の代表を務める松井大阪市長は引退表明。代表代行の吉村大阪知事は、再度の住民投票はないと明言した。
社民党が事実上の分裂、福島党首のみ残留
社民党に在籍する議員4人のうち、福島瑞穂党首を除く3人が離党し、立憲民主党に合流する方向に。社民党は旧社会党時代も含めて75年の歴史を持つ老舗政党。戦後日本の二大政党制において左派一大勢力として一時代を築いた。
国民投票法改正案、8国会目の採決見送り
臨時国会での採決見送りで自民党と立憲民主党が合意。国民投票法改正案は2018年に与党が提出。駅や商業施設で投票できる共通投票所の導入目指す。野党はテレビCM規制など国民投票に際する広告ルールの整備訴え。

 

2020年11月に話題になった国内ニュース

日経平均株価がバブル後最高値を更新
日経平均株価が2万6千円台を突破。米大統領選でのバイデン氏の勝利内定、米ファイザー社の新型コロナワクチン開発の進展など好感した。米ダウ平均株価も史上最高値となる3万ドルを突破、今後のアメリカ経済の回復を期待して日経平均株価も一気に値を上げた。
カプコンにサイバー攻撃&身代金事件
「RAGNAR LOCKER」(ラグナ・ロッカー)と名乗る集団が犯行声明。カプコンから盗み出したとみられる情報を一部ネットに公開、情報公開の停止と引き換えに身代金を要求した。カプコンは35万件の個人情報が流出したと確認、発表した。
修学旅行生が乗船した旅客船が沈没、全員救出
香川県の沖合で修学旅行中の小学生と教員ら62人が救助された。幸いにも死者は出ず。浅瀬に乗り上げ浸水、沈没したとみられる。
乳児の遺体遺棄したとして元女子大生を逮捕
神戸市に住むアルバイト女性が逮捕された。昨年11月、就活で上京した際に出産、近くの公園に乳児を遺棄したとみられる。本人も大方容疑を認めており、「就活で頭がいっぱいだった」と供述している。
「立皇嗣の礼」執り行われる
秋篠宮さまが皇位継承順位1位の「皇嗣」(こうし)となられたことを国内外に宣言する儀式。「令和」改元に伴う儀式の一つ。当初は4月に実施予定だったが、コロナ流行により延期されていた。
眞子さまが「お気持ち」文書公表、結婚延期について
約2年半もの間、延期が続く小室圭さんとの結婚について言及。「結婚は2人にとって必要な選択」と結婚の意志を強調した。秋篠宮さまは誕生日の記者会見で2人の結婚に肯定的な考え示すも、同時に小室圭さんの母親の金銭問題などきちんと説明すべきと釘を刺した。

 

2020年11月に話題になった国際ニュース

米ファイザー社が新型コロナワクチンの承認申請へ
臨床試験で95%の有効性を確認、アメリカ、EU向けにワクチンの緊急使用許可を申請した。米ファイザー社のコロナワクチンは日本政府が買い入れる方向で話が進んでおり、近く日本向けにも承認申請が行われる見通し。
アジア初の広域経済協定「RCEP」、日本、中国ら発効合意
約8年にわたる協議を経て、アジア15カ国が発効合意。中国市場の閉鎖性と相まり、これまでアジア地域を統括する経済協定は存在しなかった。一方、インドが中国との経済対立から協定離脱。インド抜きでのとりあえずの発効合意を急いだ側面もみられた。
米スペースX社の有人宇宙船が運用段階に、野口聡一さんら乗せ宇宙に
日本人宇宙飛行士の野口聡一さんら4人が乗船する有人宇宙船の打ち上げ成功、国際宇宙ステーションに到達した。宇宙船は民間企業の米スペースX社が開発したものが使われた。民間企業主導の宇宙開発時代の到来を象徴するできごとに。
サッカー界のレジェンド、マラドーナさん死去
享年60歳。サッカー元アルゼンチン代表で欧州リーグでも活躍。1980年〜90年代にスター選手として世界的に知られた。アルゼンチンの貧困家庭で生まれながらもサッカー一筋で人生を切り開いたとあり、アルゼンチンでは国民的英雄として崇められる。
アゼルバイジャンとアルメニアが休戦協定(ナゴルノカラバフ紛争)
旧ソ連の係争地めぐり軍事衝突。9月から断続的に戦闘が続いており、米露仲介の停戦合意も幾度となく破棄された。周辺国から軍事支援を受けたアゼルバイジャンが戦局を優位に進め、休戦協定にはアルメニアが占有地を返還する旨など盛り込まれた。
仮想通貨「ビットコイン」が3年ぶり高値
ここ1ヶ月で回復、最盛期の「1btc=2万ドル」水準まで持ち直した。ビットコインは日本やアジア地域を中心に盛り上がりをみせていたが、2018年1月に起きた仮想通貨取引所「コインチェック」の流出事件など受け、価値が「1btc=3000ドル」水準まで落ち込んでいた。

 

2020年11月に話題になった芸能/エンタメニュース

劇場版「鬼滅の刃」が興行275億円突破、日本歴代2位に
「タイタニック」(262億円)、「アナと雪の女王」(253億円)、「君の名は。」(250億円)を超え、日本で公開された映画で歴代2位の興行成績に。今なお勢い衰えず、歴代1位の「千と千尋の神隠し」(308億円)超えにも現実味。
ソニー「PS5」の発売開始
11月12日より発売開始。前作「PS4」から7年ぶり後継機となる。抽選倍率100倍とも言われる人気ぶり、ネットオークションでの高額転売も横行した。コロナ対策(密対策)から過去恒例の店頭行列は規制され、当面は予約抽選の当選者に限り販売する。
ユニクロと「ジル・サンダー」が9年ぶりコラボ
世界的ファッションデザイナー、ジル・サンダー氏とコラボしたユニクロ商品が9年ぶりに発売。ユニクロ店舗に長蛇の列ができ、一部店舗では暴動言われる商品の争奪戦が起きた。
元SMAP森且行がオートレース日本選手権初優勝
「新しい地図」の3人ほか、中居正広、木村拓哉ら元SMAPメンバー全員が祝福コメントを出した。森且行は1996年にSMAP脱退。1997年からオートレーサーとして活動しており、23年越しの日本選手権初優勝を果たした。

”山P”こと山下智久がジャニーズ退所
未成年女性との飲酒報道を受けての自粛期間中に退所。今後は海外を拠点に俳優活動を行う。山下智久はジャニーズ事務所について、「山下智久を生み育ててくれた生家」とメッセージで感謝述べた。

EXILE・ATSUSHIがグループ卒業、EXILE初代メンバー全員去る
2020年11月付でEXILEとしての活動を終了、今後はソロ活動に専念する。ATUSHIは2001年のEXILEデビュー以来ボーカルを担当。初代EXILEメンバー6人の中では唯一グループ活動を続けていた。

 

関連記事