2020年12月に話題になったニュースまとめ(デイリー版)

     
  • 公開日:2020.12.2
  •          
  • 更新日:2021.1.5
2020年12月に話題になったニュースまとめ(デイリー版)

随時更新。政治/経済ニュースからエンタメの話題まで【2020年12月】に話題になったニュースを記録しています。

目次

12月1日(火)〜12月6日(日)週のニュース

【社会】ユーキャン新語・流行語大賞に「三密」(12月1日)

トップテンには「アベノマスク」「Go To キャンペーン」「オンライン〇〇」などコロナ関連ワードが並んだ。また、「鬼滅の刃」「愛の不時着」「フワちゃん」など今年を象徴する言葉として選出された。

【新型コロナ】高齢者に対する「Go To トラベル」自粛要請方針で政府と東京都が一致(12月1日)

菅首相と小池都知事が会談。コロナで重症化しやすい65歳以上の高齢者や基礎疾患を持つ人に対して「Go To トラベル」の利用自粛を求める方向で一致した。「Go To トラベル」から東京発着便を除外したり、中止そのものについては検討せず。

【国際】周庭氏ら香港の民主活動家3人に実刑判決(12月2日)

昨年の大規模デモに関連して、無許可の集会を扇動したとして有罪判決を受けた。デモを率いた団体幹部の黄之鋒氏に禁錮13か月半、周庭氏に禁錮10か月が言い渡された。

【政治】政治資金疑惑に問われる吉川元農水相が党役職を辞任へ(12月2日)

吉川元農水相は、大臣時代に便宜の見返りとして鶏卵生産会社「アキタフーズ」から500万円の現金を受け取った疑い。自民党は、吉川元農水相は体調不良(不整脈)のため入院中と説明。治療専念のため党役職は辞任する方向。

【新型コロナ】英政府がファイザー社の新型コロナワクチンを認可、来週から接種開始へ(12月3日)

英保健相は医療関係者など優先してワクチン接種していく方針を示した。米ファイザー社のワクチンは、臨床試験で95%のワクチン有効性が確認できたとする一方、開発期間の短さから副作用を懸念する声も根強い。ファイザー社の新型コロナワクチンは日本にも供給される予定。

【新型コロナ】大阪府が独自の「医療非常事態宣言」発令、府民への外出自粛も呼びかけ(12月3日)

大阪府では新型コロナ患者の増加によるベッド使用率(病床使用率)が66%まで上昇。実際に運用されるベッド使用率に限ると82.9%に達しており、大阪府が非常事態宣言の発令を決めた。

【経済】ドコモが月額2980円で使える新料金プラン「ahamo」発表(12月3日)

月額2980円で月20GBのデータ通信と1回5分以内の国内通話を無制限で行える。従来プランのような2年契約や光回線とのセット料金ではなく、プラン単体として月額2980円で提供される。契約はネットのみで店頭では受け付けず。

【芸能】アンジャッシュ渡部が100分にわたる謝罪会見(12月3日)

今年6月の不倫騒動以来、半年ぶりに公の場に登場。一連の騒動について、「本当にバカなことをした」と繰り返し陳謝した。アンジャッシュ渡部は年末のバラエティ番組でテレビ復帰するとの報道が出ており、それに先駆け謝罪会見が行われたとみられる。

【エンタメ】漫画「鬼滅の刃」最終巻が発売、発行部数は累計1億2000万部突破(12月4日)

今年5月に連載完結した「鬼滅の刃」の最終23巻が発売。初版部数は395万部と国内歴代2位を記録した(1位はONEPIECEの405万部)。コミックス全23巻での累計発行部数は1億2000万部を突破し、ここ1年でメガヒット作品の仲間入り果たした。

【政治】臨時国会が事実上の閉会、菅首相が久々の記者会見(12月4日)

菅首相は来週にも新型コロナウイルスの追加経済対策を講じる方針を表明。また、日本学術会議の任命拒否について、あしき前例主義を打破するための自らの判断と説明した。首相就任以来、国内で記者会見を行わなかった理由については、ぶら下がり取材で対応していると反論した。

【宇宙】小惑星探査機「はやぶさ2」のカプセル回収に成功(12月5日)

オーストラリアの砂漠地帯に落下、無事回収された。はやぶさ2はJAXAが2014年に打ち上げ。小惑星リュウグウへの着陸、および物質採取を行い、6年かけて地球に戻ってきた。カプセルのみ地球投下、はやぶさ2は次の目的地である小惑星「1998KY26」へと向かった。

そのほか今週の主なニュース

  • マスク着用を求められ暴言吐いた男性市議が議員辞職、岡山県赤磐市
  • 独ベルリンの慰安婦像、区議会が「展示継続」決議を賛成多数で可決
  • 東京地検特捜部が安倍前首相への任意聴取を要請との報道、「桜を見る会」めぐり
  • 政府が2030年代にもガソリン車を販売禁止にする方向との報道
  • ドンキホーテ前社長の大原孝治容疑者を逮捕、金融商品取引法違反の疑い
  • 厚労省が「コロナで国内初の10代死亡」との発表を取り消し謝罪、入力ミスで死亡扱いに
  • バレーボール元日本代表の井戸川絹子さん死去(81歳)、東京五輪で金メダル獲得
  • 野菜の小売価格の安値続く、好天豊潤&コロナによる飲食店需要の落ち込みが要因か
  • 町長からの性被害を訴えた女性町議がリコール住民投票で失職、群馬県草津市
  • 欧米各地で相次ぎ「モノリス」(石柱)出現、製作者や意図は不明

 

12月7日(月)〜12月13日(日)週のニュース

【国内】決済サービス「PayPay」に不正アクセス、最大で2000万件余りの情報流出の恐れ(12月7日)

流出したのはすべて加盟店情報と見られ、個人ユーザーの情報流出はないと説明している。

【新型コロナ】豊洲市場で160人の感染者確認、東京都はクラスター認定せず(12月7日)

今年8月以降、徐々に感染者が増加。業界団体の自主調査で160人の感染者が確認された。以前から感染に関する報道が出ていたが、東京都は感染経路不明としてクラスター(集団感染)認定せず、営業を継続している。

【新型コロナ】北海道旭川市に自衛隊派遣、医療ひっ迫を「災害」認定(12月8日)

看護師資格を持つ陸上自衛官「看護官」を現地派遣。地震や水害と同じく災害派遣に基づく自衛隊派遣となる。旭川市は看護師不足から医療崩壊リスクに直面しており、北海道を通じて自衛隊に災害派遣要請を出していた。

【政治】西川公也元農水相に政治資金疑惑、内閣官房参与を辞任(12月8日)

吉川元農水相が鶏卵業者「アキタフーズ」から500万円の現金を受け取った疑惑で、西川元農水相も同様に現金を受け取っていた疑惑が浮上。西川元農水相は現在は内閣官房参与を務めているが、「一身上の都合」として職を辞した。

【政治】政府が73兆円規模の追加経済対策を閣議決定、ポストコロナの成長戦略に重点投資(12月8日)

財政支出は40兆円、事業規模は73兆円ほど。デジタル対策、環境対策など菅政権が成長戦略に位置づける分野に18兆円、防災・減災費用に6兆円、コロナ対策に6兆円を投じる(&予備費10兆円)。脱炭素社会を推し進めるための2兆円規模の研究開発支援基金も立ち上げ。

【新型コロナ】イギリスで世界初となる新型コロナワクチンの一般接種を開始(12月8日)

各国に先駆け米ファイザーと独ビオンテックの新型コロナワクチンを認可。8日より医療従事者や高齢者向けの接種を開始した。一方で早くも接種した医療従事者2人にアレルギー反応のようなものを確認するなど副作用リスクを懸念する声も根強い。

【社会】Yahoo!検索大賞2020、年間大賞に「佐藤健」(12月9日)

佐藤健は年間大賞&俳優部門賞の2冠達成。今年1月に放送されたドラマ「恋は続くよどこまでも」で注目された。女優部門賞には同じく「恋はつづくよどこまでも」で主演務めた上白石萌音。アニメ部門賞には「鬼滅の刃」、声優部門賞には同主演の花江夏樹が選出された。

【芸能】松坂桃李と戸田恵梨香が結婚発表(12月10日)

双方ともに1988年生まれの32歳。2015年に公開された映画「エイプリルフールズ」で共演して交友、交際が始まったよう。

【新型コロナ】菅首相「Go To トラベルの全国停止は考えず」(12月11日)

菅首相がネット番組に出演。コロナ再拡大で中止が求められる「Go To トラベル」について、北海道や大阪に限った部分停止に留める方針を示した。経済や雇用を意識したものだが、政府分科会の尾身茂会長がステージ3地域のGo To トラベルを停止すべきと提言するなど温度差も。

【新型コロナ】1日あたりの新規感染者数が過去最多となる3000人突破(12月12日)

学校、病院、高齢者施設でのクラスター(集団感染)が相次いでおり、岩手県や山形県などこれまで感染とは縁遠かった地域でも過去最多となる感染者数が確認された。なお、東京都では過去最多となる621人の新規感染者。

【国内】睡眠導入剤が混入された水虫薬を販売、製薬会社「小林化工」が自主回収発表(12月中旬)

全国で128人が健康被害を訴え、薬の影響とみられる運転事故も14件確認された。開発担当者が誤って睡眠導入剤の成分を混入させたとみられており、現在、第三者を通じた原因調査を行っている。

そのほか今週の主なニュース

  • 漫画家の花村えい子さん死去、享年91歳、1960年代に活躍した少女漫画家の先駆け
  • 「脱炭素」控除で与党調整、温室効果ガス対策で来年度の税制改正大綱に盛り込み
  • ネスレ飲料「ミロ」が品薄で販売休止、コロナ在宅禍の健康志向の高まりで前年比7倍の注文
  • 米国防長官に黒人初のオースティン氏が起用される見通し、バイデン次期政権で
  • ファーウェイが中国当局によるウイグル人監視システムへの関与認める、顔認識で自動通報
  • 今年度の「フィギュアスケート・グランプリファイナル」の中止決定、コロナで断念
  • 俳優でコメディアンの小松政夫さん死去、享年78歳
  • 福岡県が「福岡コロナ警報」を発令、病床使用率が基準値(25%)超え
  • 元プロ野球選手の新庄剛志がプロ復帰を断念、合同トライアウトに参加もオファー来ず

 

12月14日(月)〜12月20日(日)週のニュース

【社会】今年の漢字は「密」、コロナ社会反映(12月14日)

2位に「禍」、3位に「病」などコロナ関連の漢字が続いた。今年の漢字は日本漢字能力検定協会が例年発表している恒例企画。一般投票により決定する。

【新型コロナ】政府が「Go To トラベル」の一時停止を決定、年末年始にかけ全国で(12月14日)

12月28日〜1月11日にかけ一時停止。政府はこれまで経済活動とコロナ対策の両立を目的に大阪や北海道に限った部分的な「Go To トラベル」停止にとどめていたが、ここ数週間での全国的な感染拡大を受け方針転換した。

【米大統領】バイデン氏が選挙人投票で過半数獲得、次期大統領にほぼ内定(12月14日)

選挙人投票は、11月の米大統領選で選ばれた選挙人538人よる最終投票。投票の正式結果は来月6日に確定するが、米メディアが相次ぎバイデン氏の過半数獲得を報じた。トランプ米大統領側は引き続き不正選挙疑惑について裁判所に提訴しているが、証拠不十分による棄却続く。

【国内】座間9人殺害事件、白石被告に死刑判決(12月15日)

東京地裁判決。SNSで誘い出した男女9人を殺害したとして強盗殺人ほかの罪で起訴された白石被告に対して、東京地裁は責任能力や殺人の計画性を認め、死刑判決を言い渡した。弁護側が主張していた精神障害や承諾殺人については退けた。

【エンタメ】東宝が「千と千尋の神隠し」の興行収入を316億円に差し替え、今年夏の再上映分を加算(12月15日)

308億円→316億円に差し替えた。「鬼滅の刃」による記録更新間近での差し替えについて東宝は、「例年この時期に年間興行を発表している」「後出しで誤解されないように(急いだ)」と説明した。

【国際】EUがGAFA規制に向けた新法案を発表、重大な違反には年間売上の10%の罰金を課す厳しい内容に(12月15日)

GAFAことGoogle、Apple、facebook、Amazonの4社を念頭に、大手IT企業の個人情報利用やライバル潰し買収、支配的な立ち位置を利用した自社製品の優遇措置など規制する。法案はEU加盟国の承認で成立するが、GAFAやアメリカ政府からの反発も予想される。

【国際】韓国ムン政権と検察の対立激化、政権支持率は就任後最低の30%台に下落(12月16日)

検察が進めるムン大統領の不正疑惑調査に関連して、法務省が調査の陣頭指揮をとってきたユン検事総長に停職2ヶ月処分を下した。過去の調査での不正な個人情報収集などを停職の理由としているが、ユン検事総長は処分は不当だとして法的対応に訴える方針を示す。

【新型コロナ】菅首相が感染リスクが高まる「5人以上の会食」への参加を陳謝(12月16日)

二階幹事長や俳優、タレント含めた8人ほどの飲食懇談会に出席。政府が求める感染防止対策に反していると批判の声が高まった。西村経済再生相は、一律で会食を禁じているわけではなく、あくまで対策が必要な場合は感染防止を徹底してほしいと擁護した。

【国内】関越自動車道で大雪による立ち往生、自衛隊が出動へ(12月16日)

日本海側を中心とした大雪で被害。新潟県と群馬県を繋ぐ高速道路道中でピーク時には2000台近い車両が立ち往生した。自衛隊が出動して除雪作業を行うなどして18日朝に完全復旧した。

【政治】麻生&萩生田大臣が「35人学級」の編成で合意(12月17日)

来年から5年かけて公立小学校の1クラス定員を40人から35人に引き下げ。文部科学省が推進する一方、財務省は予算面から難色示していた。最終的には中学校を除外し、小学校に限った「35人学級」で両省合意に至った。小学校の定員引き下げは40年ぶり。

【経済】仮想通貨「ビットコイン」が過去最高値更新、世界的な金融緩和で投機マネー流入(12月17日)

史上初となる「1btc=2万ドル」の大台を突破した。コロナ対策として各国が金融緩和に乗り出しており、市場に溢れた資金が仮想通貨にまで流れ込んだとの見方。

【新型コロナ】スウェーデン政府の放任的コロナ対策、スウェーデン国王が「失敗だった」と語る(12月18日)

スウェーデンは他国に比べて緩いコロナ対策に留まっており、マスク着用すらしない独自のコロナ対策を本日まで展開。一方で足元ではコロナ第二波が猛威、8000人近い死者も出ており、スウェーデンのグスタフ国王は「あまりに死者が多い」と苦言呈した。

【新型コロナ】米ファイザーが日本で新型コロナワクチンの承認申請へ(12月18日)

日本国内で承認申請にかけられる初の新型コロナワクチン。承認申請は通常1年近くかかるが、今回パンデミック下の「特例承認」に基づく早期審査となり、早ければ来年2月にも結論が出る見込み。

【政治】安倍前首相が「桜を見る会」疑惑の国会招致要請に応じる意向(12月18日)

「桜を見る会」前夜祭の費用を政治資金で負担したにもかかわらず、使途を政治資金収支報告書に記載していなかった疑惑について、安倍前首相は検察の捜査が終わり次第、国会で説明する考え。

【エンタメ】テニス錦織圭が結婚発表(12月18日)

かねてより交際していた元モデルの観月あこ(山内舞)と結婚、今月11日に婚姻届を提出した。

【新型コロナ】大阪や京都の首長らが「緊急宣言」採択、年末年始の帰省や忘年会の自粛呼びかけ(12月19日)

関西の2府4県で構成される「関西広域連合」がコロナ対策会議。医療崩壊への危機感共有し、緊急宣言を採択した。病床数は増えているが、医療従事者の数が足りておらず、地域間で看護師を派遣する動きも。

【政治】政府がIR基本方針を決定、2020年代後半にも国内でカジノ解禁へ(12月19日)

来年10月から自治体の誘致申請を受け付け。最大3か所の設置区域を選定する方針。誘致選定基準としてギャンブル依存症対策や感染症対策(コロナ対策)の徹底など挙げた。また、IR汚職事件を受けて、IR事業者と面談する際のルールも制定した。

【エンタメ】実物大「動くガンダム」の一般公開開始(12月19日)

「機動戦士ガンダム」40周年記念として展開される実物大ガンダム。作中と同じ18mサイズながら全身の関節が動作する史上初の巨大ロボ・プロジェクトとなった。横浜市の山下ふ頭で2022年3月末まで一般公開を続ける。

そのほか今週の主なニュース

  • 劇場版「鬼滅の刃」の興行収入が300億円突破
  • Googleサービスで大規模障害、YouTubeやGメールなど繋がらず
  • はやぶさ2のカプセル内に小惑星リュウグウ由来のサンプル確認、JAXA
  • DHC会長の人種差別文章に批判の声、ライバル社のCMタレントを在日コリアンと指摘
  • テラハ木村花さんをSNS誹謗中傷した男性を書類送検、侮辱容疑
  • 仏マクロン大統領がコロナ感染、夜間外出禁止令の最中に議員ら10人で夕食会
  • ドコモが5Gプランを1000円値下げ、月額6650円(割引適用前)で5G無制限で利用可能に
  • M-1王者にマヂカルラブリー、結成13年目で悲願

 

12月21日(月)〜12月27日(日)週のニュース

【政治】来年度予算案を閣議決定、過去最大の106兆円(12月21日)

社会保障費、防衛費など上積み。菅政権肝いりの脱炭素社会に向けた研究開発基金やデジタル庁関連の予算も盛り込まれた。新型コロナワクチンの無料接種のための予算も計上。一方、税収は57兆円ほど、追加で40兆円近い赤字国債を発行して賄う見込み。

【政治】吉川元農水相が議員辞職、健康上の理由で(12月21日)

吉川元農水相は慢性心不全で入院しており、本格治療のため議員辞職すると表明した。一方で、農水相時代に鶏卵会社から500万円の現金を受け取った疑惑も目下調査が進んでおり、野党が追求の構え。

【訃報】著書「ジャパン・アズ・ナンバーワン」で知られるエズラ・ボーゲル氏死去(12月21日)

享年90歳。エズラ・ボーゲル氏は米ハーバード大学の名誉教授で東アジア研究者として知られる。1979年に発表した著書「ジャパン・アズ・ナンバーワン」は日本の高度経済成長の分析本としてベストセラーに。

【出典元】ジャパン・アズ・ナンバーワン(Amazon

【新型コロナ】イギリスで変異した新型コロナウイルス確認(12月22日)

各国がイギリスとの航空便を一時停止、日本政府もイギリスからの日本人以外の入国を制限する方針固めた。WHOは変異した新型コロナウイルスについて、感染した場合に従来よりも重症化するわけではないと冷静な対応を呼びかけ。

【国内】ニトリ、カインズが相次ぎ珪藻土マットを自主回収、基準超のアスベストを含む可能性(12月22日)

珪藻土(けいそうど)は吸水性の高い堆積岩として近年脚光、バスマットやコースターなど水回り用品で使われる機会が増えていた。11月に他社商品で基準値超のアスベスト混入が確認され、厚生労働省が業界団体通じて同様製品の確認を急いでいた。

【政治】東京地検が安倍前首相を任意聴取(12月22日)

政治資金で「桜を見る会」前夜祭の費用を補填したにもかかわらず政治収支報告書に使途を記載しなかった問題について任意聴取。安倍前首相の積極関与は確認されておらず、不起訴となる見通し。

【経済】ソフトバンクが新ブランド「SoftBank on LINE」発表、ドコモの格安プランに対抗(12月22日)

月額2980円で月20GBのデータ通信と1回5分以内の国内通話を無制限で行える。先日発表されたドコモ「ahamo」の対抗プランであり、子会社のLINEモバイルをMNOサービスにアップグレードして提供する(MNOとは自前の通信基地と直で通信できるキャリア・サービスのこと)。

【出典元】SoftBank ON LINE(公式サイト

【国内】最高裁が「袴田事件」の再審を認めない東京高裁判決を取り消し(12月23日)

静岡県で一家4人が殺害された袴田事件(1966年)の犯人として一時は死刑が確定していた袴田巌さん(84歳)。証拠となった血痕のついた衣類がDNA鑑定により別人のものと判明、静岡地裁が再審を認めていた。一方で東京高裁は再審を認めず、弁護側が最高裁に特別抗告していた。

【東京五輪】野村萬斎さんが式典の統括責任者から外れる、後任にはCMプランナーの佐々木宏さん(12月23日)

東京五輪延期を受け、野村萬斎さんら7人で構成される演出チームが解散。今後はパラ五輪の式典責任者だった佐々木宏さんが兼任して担当する。東京五輪の式典は簡素化される見通しであり、従来のチーム対応だと意思決定の効率が悪いと判断した。

【桜を見る会】安倍前首相の公設第1秘書を略式起訴、安倍前首相「道義的責任を痛感」(12月24日)

政治資金規正法違反罪で配川博之公設第1秘書を略式起訴。安倍前首相が記者会見、事実と異なる国会答弁となったことについて、「当時の私の認識の限りの答弁をしたが、結果として事実に反するものがあった」と説明した。議員辞職や離党は考えず。

【桜を見る会】安倍前首相が過去の答弁違いを国会で謝罪、野党は証人喚問求める(12月25日)

衆参両院の議院運営委員会(国会)に出席。公設秘書が起訴された件、過去の答弁が事実と異なっていた件を謝罪した。衆議院調査局の調査で、安倍前首相は「桜を見る会」疑惑に関連して118回の事実と異なる答弁をしていたとみられる。

【政治】菅首相が飲食店への時短営業を要請する法改正検討(12月25日)

コロナ特別措置法を改正し、時短営業の要請&給付金ルールを法制化する方針。時短営業に応じない場合の罰則も設ける。首都圏を中心にコロナ感染者が高止まりしており、政府分科会は飲食店が感染拡大の中心地だとして飲食店の時短営業を強く求めている。

【政治】わいせつ教員に対する法改正案見送り、萩生田文科相(12月25日)

わいせつ行為で教員免許失効となった元教員が、失効後3年で免許を再取得できる教育職員免許法について、再取得できる期間を延長する方向で検討されていたが、個人の権利制限につながるとして法改正が見送られた。

【政治】東京地検特捜部が吉川元農水相の事務所を捜索(12月25日)

鶏卵会社「アキタフーズ」から500万円の現金を受け取った疑惑について捜索。アキタフーズ元代表は現金授受を賄賂と認識していたと見られ、捜索いかんでは吉川元農水省が収賄罪で起訴される可能性も。なお、吉川元農水省はつい先日に健康上の理由で議員辞職している。

【新型コロナ】コロナ変異ウイルスを国内で初確認(12月25日)

イギリスからの帰国者5人から確認された。日本国内でのコロナ変異ウイルスの確認は初めて。コロナ変異ウイルスは今月に入りイギリスほかヨーロッパで確認され、英国立感染症研究所は従来コロナよりも感染力が強いとの見解を示している。

【新型コロナ】全世界からの外国人の新規入国停止、来月末まで(12月26日)

政府が発表。28日午前0時から来月末まで停止する。海外でのコロナ変異ウイルスの流行を受け、すでに入国制限しているイギリスや南アフリカ以外の国からも新規入国を一時停止する。日本人や在留資格を持つ外国人の帰国のみ受け付ける。

【政治】菅内閣の支持率急落、各社調査で20%近く下げる(12月27日)

日経新聞調査で支持42%、不支持48%、朝日新聞調査で支持39%、不支持35%、読売新聞調査で支持45%、不支持43%となった。いずれも前回調査から20%近く支持率が下落しており、もっぱら新型コロナ対策を評価しない声が際立った。

【フィギュアスケート】羽生結弦が5年ぶり全日本選手権優勝、女子は紀平梨花が2連覇(12月27日)

ここ4年間、男子優勝を飾っていた宇野昌磨は2位に。女子は紀平梨花が公式戦では史上4人目となる4回転サルコウを成功させ、2連覇を達成した。

【訃報】立憲民主党の羽田雄一郎議員がコロナ感染死(12月27日)

享年53歳。今月24日に発熱、27日にPCR検査を受ける予定だったが体調急変で亡くなった。コロナ重症化しやすい糖尿病や高血圧の持病があった。羽田議員は、羽田孜元首相の息子で民主党政権下で国土交通大臣を務めた。

そのほか今週の主なニュース

  • ガクト&ローランドが手がける服飾ブランド「G&R」にパクリ疑惑、双方ともに謝罪
  • 落語家の林家こん平(77歳)さん死去、笑点の名物回答者
  • 爆笑問題・太田光が名誉毀損で勝訴、新潮社が報じた日大への裏口入学疑惑について退ける
  • ウェブブラウザ「Smooz」が提供終了へ、個人情報の外部送信が指摘されネット炎上
  • #Twitterトレンド大賞2020、1位に「コロナ」
  • 小説家で作詞家のなかにし礼さん死去、4000曲以上の昭和歌謡を手がける
  • イギリスとEUが4年来のFTA(自由貿易協定)合意、EU時代相当の関税維持
  • 強制わいせつで実刑判決を受けた東京福祉大学の中島恒雄氏が総長復職、文科省が経緯の報告求める
  • 楽天市場など楽天サービスで個人情報流出した可能性、最大148万件
  • 任天堂が「マリカー」訴訟での勝訴確定、不正競争行為&著作権侵害行為が認定
  • 人気YouTuberグループ「レペゼン地球」が解散ライブ
  • 二階幹事長が会食批判に反論、「8人で会っただけ」

 

12月28日(月)〜12月31日(木)週のニュース

【エンタメ】劇場版「鬼滅の刃」の興行収入が国内歴代1位に(12月28日)

興行収入324億円を突破、「千と千尋の神隠し」(興行316億円)の記録を19年ぶりに塗り替えた。10月の映画公開からわずか2ヶ月での記録達成となった。

【経済】日経平均株価が31年ぶり高値で今年度の取引終了(12月30日)

30日の日経平均株価(終値)は27,444円となり、年末株価としては1989年以来となる高値水準をキープした。コロナ経済対策として各国が金融緩和を打ち出しており、市場にあふれたカネが株式市場に流れ込んだとみられる。実体経済との乖離を懸念する声も。

【芸能】元SMAPの草なぎ剛が結婚発表(12月30日)

お相手は一般女性。元SMAPの木村拓哉、中居正広らも祝福コメント。

【新型コロナ】小池都知事が臨時会見、年末年始の会食、帰省、初詣の自粛を強く要請(12月30日)

昨今の都内での感染拡大を「かつてない大きさの第3波」として感染対策の徹底を呼びかけた。東京都内での新規感染者数は右肩上がりにあり、30日には過去最多水準となる944人の新規感染者が確認された。

【新型コロナ】東京都の1日あたりの新規感染者数が初の1000人突破(12月31日)

過去最多となる1377人の新規感染者を確認。現状ペースで感染者が増加すれば、次2週間で東京都が確保している病床が足りなくなるとの専門家試算も。なお、全国の新規感染者数は4,519人となり、こちらも過去最多となった。

【芸能】嵐がグループ活動休止、生配信ライブで締め(12月31日)

デビュー21年目で区切り。メンバーのうち大野智のみ休養、残りの4人はソロで芸能活動を続けていく。

そのほか今週の主なニュース

  • 愛知県知事へのリコール騒動、県選挙管理委員会「署名偽造などの可能性」との途中報告
  • 今井ゆうぞうさんが43歳の若さで急死、10代目うたのおにいさん
  • 世界的ファッションデザイナー、ピエール・カルダン氏死去
  • オリエンタルラジオが吉本退社、YouTube活動に本腰
  • 日本レコード大賞にLisa「炎」(ほむら)、映画「鬼滅の刃」主題歌
  • 都営大江戸線の運転士37人がコロナ感染、運行本数を通常の7割に
  • Adobe Flash Playerのサポート終了、ウェブで一時代を築いた「Flash」コンテンツの基幹技術

 

 

12月のニュースをダイジェストでお届け

 

直近月のニュースを探す

 

2020年の主要ニュースを振り返り